2020年DSDA最新情報!!P40Pro 5GはDSDA?DSDV? 

HUAWEI P40 Pro 5GはDSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)なのか、確認してみたいと思います。

DSDAとは

DSDAとは正確な定義はありませんが、ここでは「SIM1で通話をしながら、SIM2でモバイル通信が出来る」ということにしておきます。いわゆるDSDV・DSDSの機種ではこれが出来ません。

DSDA(デュアルシムデュアルスタンバイ)について、技適有端末の中では「HUAWEI P30 SIMフリー」の存在が確認されています。私も所有しておりますので、実際に動作確認済です。DSDAであることはグローバル版での発表会で案内されていますので(日本版としてはDSDAとのスペック案内は無いのだと思います)、DSDA準公式対応といったところでしょうか。

なお、P30Proも本来はDSDAなのですが、日本版はNTTドコモカスタマイズが入っていますので、DSDAやDSDV依然の話として、デュアルシム仕様ですらありません(シングルSIM)。

P40Pro 5GはDSDA

結論は、「P40 Pro 5GはDSDAである」ということになります。SIM1(ソフトバンク系)で通話をしている時に、SIM2(au系)でモバイル通信が出来ていることが分かると思います。下記スクショ、4G表示に上下矢印マークは通信が出来ているということです。

但し条件があります。それはSIM1にVoLTE対応SIMを使用するということです。ドコモやソフトバンクの3G専用SIM(※)、ソフトバンクのIMEI制限の入ってandroid SIM等を使用してもDSDAとはなりません。つまり、SIM1で通話をしている時に、SIM2で通信は出来ないということです。

(※)ソフトバンクの3GSIMにnano SIMは存在しないため、P40 Pro 5Gで使用するためには必然的に自己責任でSIMカットが必要になります。

ちなみに、某掲示板ではHUAWEI nova lite 3もDSDAであったことが確認されています。私はHUAWEIに関してはP30とP40 Proしか所有していませんので確認は出来ませんが、もしかしたら多くのHUAWEI DSDV機種は実はDSDAなのかもしれません。

SIM1に3GSIMを入れても、上記のようなマークがついて通信出来ません

参考(スピードテスト)

SIM1が「3G・4G」、SIM2が「3G・4G・5G」のデュアルスタンバイが可能です。参考までにSIM2にソフトバンクSIMを入れてJR大阪駅中央南口付近で5G通信スピードテストをしてみましたが、最高で下り771Mbps、上り77Mbps程度は記録しました。祝日のお昼頃です。参考まで。

なお、ソフトバンクのAndroid SIMはそのままではP40 Pro 5GのようなSIMフリー機種で通信は出来ません。SIMフリー用のマルチUSIMに交換(機種変更)する必要がありますので、ご注意下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。